画像やオブジェクトを回転させる


画像の読み込みと表示


画像ファイルをpreload内でload.imageを使って読み込みます
preload(){
    game.load.image('sample', 'assets/image/sample.png');
}

create(){
    var image = game.add.sprite(game.world.centerX, game.world.centerY, 'sample');
    imageanchor.set(0.5、0.5);
}


画像の角度変更

画像やオブジェクトの角度を変更するのは変数angleで指定します
angleは-180から180の角度で設定でき、初期値は0です
preload(){
    game.load.image('sample', 'assets/image/sample.png');
}

create(){
    var image = game.add.sprite(game.world.centerX, game.world.centerY, 'sample');
    image.anchor.set(0.5、0.5);
    image.angle = 120;
}
結果


画像の回転

画像を回転させるにはupdate内などで更新毎に変数angleを増減させます
preload(){
    game.load.image('sample', 'assets/image/sample.png');
}
var image;
create(){
    image = game.add.sprite(game.world.centerX, game.world.centerY, 'sample');
    image.anchor.set(0.5、0.5);
}

function update() {
   image.angle += 1;
}
結果
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント :

コメントを投稿